ひら木が考える「注文住宅」とは?

神奈川県海老名市の工務店「ひら木」代表・杉崎茂夫が、注文住宅に対する考え方を語ります。

とことん聞き出すことからはじまる家づくり

ひら木が考える理想の注文住宅は、住みはじめた瞬間から、あたかもそこに何十年も住んでいるかのような心地よさのある住まいです。賃貸はもちろん大手ハウスメーカーなどの住宅は、無機質で落ち着けなかったり、住んでいるうちに仕様に不満が出てきたり……。

私たちは、昔から住み慣れたようなあたたかさのある空間づくりを心がけています。これを実現するためには、何よりもそこに住むご家族の立場に立ったプランニングが重要です。そのため、私たちはヒアリングにかける時間を惜しみません。独自の「ヒアリングBOOK」をもとに、お客様の住まいに対する夢や希望、暮らしへのこだわり、コストについてのご要望から、これまで住んできた家のことや10年後、20年後のライフスタイルまで、十分に時間をかけてお話を伺います。

家づくりはお客様との「共同作業」

満足度の高い家をつくるためには、お客様のご協力が欠かせません。家づくりはお客様と私たち工務店の共同作業。業者にお任せでは、決していい住まいはできません。

お客様のイメージを設計者がどれだけ把握できるかによって、建物の完成度は変わってきます。お互いが信頼し合える関係を築き、細部にわたるイメージまで共有できれば、必ず満足のいく住まいができあがります。雑誌を見ながら「こんな家がいい」と伝えていただくだけでも構いません。「○○(場所)にあるような家がいい」とおっしゃっていただければ、現地まで見に行きます。お客様の頭のなかにある理想の住まい像がはっきりと見えるまで、とことんイメージを擦り合わせていきます。どんな小さなことでも、遠慮なくおっしゃってください。

住み心地もコストも工夫しだい

イメージを共有できたら、そこからは私たちプロの腕の見せどころ。工夫しだいで住み心地もコストも変わってきます。発想を巡らせてオリジナル案を出し、工夫を重ねてコスト削減を図ります。

  • 例えば、取り換えが利く部分とそうでない部分に切り分け、取り換えられない構造部分は、長持ちするよう十分にお金をかける。
  • 例えば、見せるところとそうでないところに切り分け、来客が多いご家庭ならもっとも見られるリビングにこだわる。
  • 例えば、材料の使い方にメリハリをつけてコストを抑える。

アイデアを絞り、随所に創意工夫を散りばめたプランをご提出します。プランの意図をしっかりとご説明し、納得していただけるまで話し合いながら最終プランをつくっていきます。当社では、打ち合わせから設計、現場監理までを同じスタッフが担当。施工は、腕にプライドを持ち、仕上がりに自信を持つ経験豊富な職人が担当します。スタッフ間で密な連携をとり、ご満足いただける住まいをお届けします。

資料請求・ご相談・お問い合わせ